GREEN WIND NEO

多種混合系RPG「マビノギ浪漫譚」製作日記が主になってます。

納涼祭&怖い話大会

2009/09/12 19:55 ジャンル: Category:マビノギ
TB(-) | CM(0) Edit

 どうもこんにちは、ソードです!
今回は久しぶりに私の記事って事で気合十分です。
いっつもフィレスに記事取られてるからなぁ…
では、この先が本編です。
楽しんでいってくださいね!









sodo2.jpg
どうもこんばんは、ソードです!
今回は、マカちゃさん主催の納涼祭
後は、フカさん主催の怖い話イベントのお話です。


fire1.jpg
おお、ソードがそのイベントに行ってきたのか。
納涼祭行きたかったんだけどね…

nou1.png

ああ、裏でアグネスに貢ぎオンラインやってたんだよね?


fire3.jpg
待て待て待て!!!
一体誰の為にやってたとでも思ってんだ!

sodo2.jpg
あはは、嘘だってば!

nou2.png

おかげ応急処置もランクがBになったからね!
流石フィレス、頼もしいね!本当にありがとう!


fire1.jpg
あ、ああ…わかってくれれば良いんだ!

sodo2.jpg
…………。

(単純だなぁ…)

…さて、話はそれたけど納涼祭の話からしていくね。

納涼祭は、9月5日午後8時よりイメンマハで行われました。

nou3.png

始まる前から既に露店準備が行われています!

 私も飛び入りだったんだけど、最初から人が多くてびっくりです。
売るほうは気力ばっちりで始まりの時を待っています。


nou4.png

そして、午後8時!納涼祭スタートです!


nou5.png

通常の露店の他に宝くじもありました。
残念ながら、私は当たりではなかったんだけどね!
そういえば、当たりは何が賞品だったんだろう…


nou6.png

イベントの合間には、ぽえってぃさんが演奏してくれました!
ぽえってぃさんはイベントといえばこの人!なイベンターですね。
折角なんでちょっとクルクル回って踊ってみました!
一緒になって踊ってくれた人、本当にありがとうでした!


nou7.png


 そういえば、ぽえさんは今回はイベントを担当していました。
どうして、こんなに面白い企画を立てられるのか…非常に気になるところです。
私もフィレスも企画力無いからなぁ…正直羨ましいところです。


nou8.png

と、とりあえず振り向いたら負けだと思った!

 以上、これが納涼祭の様子でした!
露店だけでなく楽しいイベントもあって、非常に活気がありました。
第2回の開催も期待したいところです!


nou9.png

次は、フカさん主催の怖い話イベントの様子です。
これは以前も開催されてたらしいですね…ああ、場所?

もちペッカでした!

元々、ペッカダンジョン自体が死者の宮殿だからね…
こういう話をするにはうってつけの場所なんだろうね…事実怖かったし(ぇ
ちなみに、どんな話があったのかはフカさんのブログを参照してもらえれば!


nou10.png

でも、なんか変な魔方陣が設置されてしまってたり…


nou11.png

なんか呪われそうな、怪しげな魔法陣とか!

とりあえず、怖い話でびくびくしていた場に癒しを提供していました。

 私も、今回は怖い話の語りをちょっとやってみました。
御題は「望月峠」…戦国時代の長篠合戦直後の話です。
折角なので、話をかなり要約してここでも掲載しちゃいましょう!

長篠の戦いの後、徳川家は武田の落ち武者狩りを行っていました。
徳川家の魔手から逃れようとする落ち武者に、望月という武士がいました。
望月は、部下と共に逃れている時に1つの村を発見しました。

食べ物も不足していた為、その村で食べ物を得ようとし、そこで1人の老婆と遭遇します。
その老婆は親切で、望月一行を家に泊めてくれました。


ですが、それは罠だったのです!

その日の真夜中、老婆は家を抜け出して仔細を名主に報告しました。
名主は、長篠で武田が大敗していたことを知っており…
もはや、この地に武田が来ないだろうと思っていました。
ならば、首を手土産に徳川に恩賞を貰ったほうが良いというもの…

しかし、偶然をそれを見てしまった望月の部下…
部下から報告を受けた望月は、部下と共に逃走を始めました。
ですが、彼らを追う松明の火は1つ…また1つ増え…
とうとう、一向は峠に追い詰められてしまったのです。

望月は、徳川に首を差し出すなら止むを得まいと思いました。
但し、信州の風が吹くこの地に埋葬して欲しいと村人に願いました。
名主が承知したのを見届け、望月と部下は命を絶ちました。

しかし、その願いは忠実に守られる事はありませんでした。
村人達は先を争って望月達の身包みをはがし、奪いました。
そして、裸の遺体はむしろだけ掛けられて放置されました。

そして、その後…
村に大規模な疫病が流行りだしました。
そして、望月を裏切った老婆の一家は真っ先に全滅しました。
次々と疫病で人が死に、村人達は望月の祟りと恐怖に打ち震えました。

村人達は、奪った品々と共に望月達を峠に埋葬しました。
すると、ぴたりと疫病が止み、村人達は再び平穏な日々に戻りました。
その後、望月達の埋葬された峠は「望月峠」と呼ばれ、今に至っています。


以上、私が話した「望月峠」の内容でした!
ちなみに、望月峠は本当に愛知県にあったりします。
興味がある方は、是非是非調べてみると良いかなって思います!

では、以上が納涼祭と怖い話イベントの内容でした!
今回はここまで!では、みんなまたね~!!



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する